sickness_header.jpg


自律神経失調症 一覧


先日、体調が悪いと精神疾患の症状も出やすくなるみたいです...に書きましたように、このところ自律神経のバランスが崩れ手のひらに汗をかいたり、自意識過剰による対人恐怖症的な緊張を感じるようになりました。

その後、症状はいったん収まるかに見えたのですが、数日前からまた症状が酷くなり発熱もあるため、風邪を疑いました。
しかし体温が上がるのは暑い部屋にいて「のぼせ」の状態になっている時だけで、寒い場所では一気に1℃以上体温が下がりますので、どうやら風邪ではなく体温調節が上手くできない状態に陥っているようです。
調べてみますとこれも自律神経の乱れによりよく生じる症状のようです。

今日などは、のぼせが酷くて目眩がしてきそうです。
今のところ、はっきりした原因も思い当たりませんので、ひとまず漢方薬の加味逍遥散(かみしょうようさん)を飲んで様子を見ようと思っています。

※加味逍遥散は体質が「虚証」の人向けの、イライラ・肩こり・精神不安・不眠などに効果が期待できる漢方薬です。
加味逍遥散@通販


私はカウンセリングの仕事*をしていますが、先週あたりから予約の電話がすべてカウンセリングが不可能と思われる方で、なおかつお断りしたくてもなかなか電話を切らせてもらえないことが続いています。

*心理カウンセリングの部屋HP

当然このようなことはストレスとなりメンタルにも悪影響を与えるからでしょうか、同じく先週から恐らく自律神経の乱れ(=自律神経失調症)が原因と思われますが、パソコンを使うと掌や脇などに汗をかくようになりました。
しかし不思議なことに汗をかくのはカフェなど外で作業をしている時に限ってです。

このことから私の症状は一種の対人恐怖症ではないかと思われます。
つまり毎日のように強い対人ストレスを受け、しかもそのことによって時間を奪われるばかりで一切収入にもならないことを繰り返すことで、いつしかハッキリとは自覚されない無意識のレベルで人に対する恐怖心を感じ始めているのではないかと思われます。

取りあえず今は、漢方の中ではうつ病の第一選択肢として使われ、不眠や不安などにも効果が期待できるとされている加味帰脾湯(かみきひとう)という漢方薬を飲んで様子を見ています。

加味帰脾湯@通販

このページの上部へ

プロフィール

カウンセラー・夢分析家・写真家
プロフィール詳細


サイト内検索

最近のピクチャ