sickness_header.jpg


行動療法 一覧


認知行動療法のセルフモニタリング法により失禁恐怖症の自動思考が明らかになり、同じく認知行動療法の自動思考の変容法(リフレーミング)によりネガティブな自動思考を変容させたところ、失禁恐怖症の症状が軽減しました。

行動療法(系統的脱感作法)でPTSD様の失禁恐怖症に対処 目次:

認知行動療法(セルフモニタリング)により失禁恐怖症の自動思考を探索
失禁恐怖症に伴う排尿への恐怖心と絶望感の自動思考
認知行動療法の自動思考の変容法により失禁恐怖症に伴う自動思考を変容

認知行動療法(セルフモニタリング)により失禁恐怖症の自動思考を探索:

行動療法(系統的脱感作法)でPTSD様の失禁恐怖症に対処にも書きましたように、PTSD様のフラッシュバックで生じる失禁恐怖症の症状(膀胱に尿が溜まっていないにもかかわらず今にも失禁しそうな恐怖に襲われる症状)に対して失禁恐怖の不安階層表を作成しただけで気持ちがかなり楽になりました。

そこで今度は認知行動療法のセルフモニタリング法を使って、失禁恐怖症の症状に襲われているときにどのような自動思考*が生じているのかを探索したところ、次のような自動思考が明らかになりました。

*自動思考とは認知行動療法や認知療法の用語で、無意識に心の中で考えている思考の事を指します。
本来自動思考にはポジティブな思考とネガティブな思考がありますが、認知行動療法や認知療法で自動思考という場合、通常それはもっぱら修正が必要なネガティブな思考を指します。



失禁恐怖症に伴う排尿への恐怖心と絶望感の自動思考:

(実際には大して尿が溜まっていないのにトイレに行くことに対して)「ここで排尿してしまっては、またすぐに尿意を感じてしまい、すぐにトイレに行くことが癖になってしまうに違いない。そうなればトイレのことが終始不安になって夜も寝られなくなり、最終的には睡眠が取れないことで死んでしまうに違いない。」

これが失禁恐怖症の症状で不安に駆られているときに心の中で半ば無意識に考えていた自動思考の内容でした。
一度でもトイレに行ってしまえば、それが癖になって死んでしまうに違いないという非常に極端な自動思考から恐怖心や絶望感が生じていたのです。



認知行動療法の自動思考の変容法により失禁恐怖症に伴う自動思考を変容:

そこで今度は認知行動療法の自動思考の変容法(リフレーミング)を使って、失禁恐怖症に伴う非適応的な自動思考の変容を試みました。
具体的には次のように失禁恐怖症に伴う自動思考を変容させました。

・失禁恐怖症の不安に駆られても実際には尿が溜まっていないのだからリラックスしても失禁してしまわないはず
・だから失禁恐怖症の不安に駆られたらリラックス法を試せばいい
・リラックス法を試しても、それでもどうしても失禁してしまいそうな恐怖に駆られるときはトイレに行けばいい、本当に尿が溜まっているのかもしれないのだから
(誰でもトイレが近くなるときはある)

こうして認知行動療法により失禁恐怖症に伴う自動思考を変容し、失禁恐怖症の不安に駆られるたびにリラックス法を試しているうちに徐々に家にいて失禁恐怖症の不安に駆られる頻度が減っていき、一ヶ月もすると家にいてもほとんど失禁恐怖症の不安に駆られることもなくなりました♪

認知行動療法ガイド本

失禁恐怖症ほか、恐怖症の治療・克服・症状・原因ガイド本

心理カウンセリングのご案内 >>
夢分析のご案内 >>
自己分析のご案内 >>
インナーチャイルドの癒しのご案内 >>
傾聴講座
傾聴講座(電話)


行動療法(系統的脱感作法)でPTSD様の失禁恐怖症に対処 目次:

自己暗示によるリラックス法ではPTSD様のフラッシュバックの失禁恐怖は治まらず…
行動療法でPTSD様のフラッシュバックの失禁恐怖症の症状に対処することに
系統的脱感作法でPTSD様のフラッシュバックの失禁恐怖症の症状に対処
失禁恐怖の不安階層表を作成しただけで気持ちが楽に☆

自己暗示によるリラックス法ではPTSD様のフラッシュバックの失禁恐怖は治まらず…

自己暗示によるリラックス法でPTSD様の失禁恐怖症に対処にも書きましたように、PTSD(心的外傷後ストレス障害)様のフラッシュバックで生じる失禁恐怖症の症状(膀胱に尿が溜まっていないにもかかわらず今にも失禁しそうな恐怖に襲われる症状)に対して自己暗示によるリラックス法を試みましたが、何とかフラッシュバックで生じる失禁恐怖症の症状に対処はできるものの、毎日フラッシュバックで失禁恐怖症の症状に襲われることが続きます。
そのため失禁恐怖への予期不安が高まり、また気分もどんどん抑うつ的になっていきました。
このままでは失禁恐怖症の症状が酷くなる不安を感じ、何か別の対処法を考える必要があるように思えました。



行動療法でPTSD様のフラッシュバックの失禁恐怖症の症状に対処することに:

そこで思いついたのが行動療法です。失禁恐怖症をはじめとした恐怖症には行動療法が効果的と心理学の本で読んだ記憶があったためです。
さっそく行動療法の入門書を買いに本屋へ出かけました。
(家に認知行動療法の本はありましたが、その本は認知療法に重点が置かれていて、行動療法を学ぶにはあまり適していませんでした)

認知行動療法のコーナー(行動療法の本はたいてい認知行動療法の本と一緒に並んでいます)へ行きなるべく分かりやすく実践的な行動療法の本を探し『新行動療法入門』と『方法としての行動療法』を購入しました。



系統的脱感作法でPTSD様のフラッシュバックの失禁恐怖症の症状に対処:

さっそく家に帰ってから自分の症状(失禁恐怖症)を意識しながら「新行動療法入門」を読み進めますと、私のPTSD様のフラッシュバックを伴う失禁恐怖症の症状には数ある行動療法の技法の中でも系統的脱感作法が適しているように思えました。
そこで系統的脱感作法の技法を使ってPTSD様のフラッシュバックを伴う失禁恐怖症の症状に対処することにしました。

ただ本来の系統的脱感作法はイメージを用いるにせよ実際の状況に曝露するにせよ「意図的に」症状に直面するわけですが、私の場合PTSD様のフラッシュバックを伴っているため「意図せずに」症状が引き起こされてしまい、しかもその症状(切迫した失禁恐怖や、膀胱の辺りの圧迫感や痙攣する感覚)が長時間持続します。
そのため系統的脱感作法を実施しつつも、どこかエクスポージャー法のような感じになっている嫌いもあります。

※その後「方法としての行動療法」でPTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療にはエクスポージャー法と認知再構成法(リフレーミング)の併用が有効であることを知りました。

系統的脱感作法の手順に従い、まずリラクゼーションを行いました。ちなみにリラクゼーションの技法は最初漸進的筋肉弛緩法を試したのですがあまりリラックス感を感じらなかったため慣れている自律訓練法に変更しました。
続いてイメージの中で失禁恐怖症の症状に直面し(といっても大抵PTSD様のフラッシュバックで勝手に症状が引き起こされるのですが)その恐怖の度合い(強さ)を評価し、その後再び自律訓練法によるリラクゼーションを行いました。



失禁恐怖の不安階層表を作成しただけで気持ちが楽に☆

続いて(本来はこちらの手順が先だったようなのですが)失禁恐怖について次のような不安階層表を作成しました。

不安度不安の状況
1いつでもトイレに行ける状況で尿意を少し感じる
2いつでもトイレに行ける状況で尿意を感じる
3人前ですぐにトイレに行けない状況に直面し尿意を少し感じる
4いつでもトイレに行ける状況で尿意を強く感じる
5人前ですぐにトイレに行けない状況に直面し尿意を感じる
6人前ですぐにトイレに行けない状況に直面し尿意を強く感じる
7いつでもトイレに行ける状況で今にも失禁しそうな恐怖に直面
8いつでもトイレに行ける状況で膀胱の辺りが痙攣を起こしパニックになる
9人前のすぐにトイレに行けない状況で今にも失禁しそうな恐怖に直面
10人前のすぐにトイレに行けない状況で膀胱の辺りが痙攣を起こしパニックになる

すると不思議なことが起こりました。失禁恐怖の不安階層表を作成しただけで気持ちが楽になったのです☆
失禁恐怖の不安階層表を作成しただけでもう半分仕事が済んだ(失禁恐怖症の自己治療が済んだ)かのような気分になったのでした。
おそらくこれは不安階層表を作成できたことで、失禁恐怖症の自己治療の見通しがついたことによる気分の変化だと思われます。

新行動療法入門@通販
方法としての行動療法@通販
個人的には方法としての行動療法の方が自身の心理カウンセリングに取り入れられる部分が多くに役に立ちました。

心理カウンセリングのご案内 >>
夢分析のご案内 >>
自己分析のご案内 >>
インナーチャイルドの癒しのご案内 >>
傾聴講座
傾聴講座(電話)

続きを読む

このページの上部へ

プロフィール

カウンセラー・夢分析家・写真家
プロフィール詳細


サイト内検索

最近のピクチャ