sickness_header.jpg


シゾイド型人格障害 一覧


複数の人格障害の原因となる自己愛障害:

これまで複数のブログで対人恐怖症の症状は自己愛障害と呼ばれる「自分と他人との心理的境界の曖昧さから生じる精神障害」が原因と書きました。
(たとえば 自己愛障害の心理(自意識過剰)を原因とした対人恐怖症の症状・原因・治療

しかしシゾイド型人格障害・対人恐怖症・自己愛障害のすべてが他人に筒抜けになる恐怖での洞察から、自己愛障害は対人恐怖症のみならず、自己愛性人格障害はもちろんのこと、回避性人格障害・シゾイド型人格障害など複数の人格障害の原因ともなっているように思えてきました。

自己愛障害から生じる回避性人格障害:

回避性人格障害は精神分析の理論では抑うつ型の自己愛性人格障害と呼ばれ、自己愛障害と密接な関連のある人格障害です。その心理状態は対人恐怖症と同様に「他人の態度がすべて自分への反応と感じられてしまう」ため極端な自意識過剰に陥り、その結果「人前で恥をかくことや他者評価への極端なまでの恐怖心」などに支配されると考えられます。
違いは恐怖の度合いが対人恐怖症のような何とか耐え忍ぶことができるレベルを遥かに超えてしまうため、対人関係を絶つことで物理的な引き篭もり状態になってしまいがちなことと、症状が若い頃からすでに生じていることです。

自己愛障害から生じる自己愛性人格障害:

自己愛性人格障害は「非現実的な理想にとらわれる」「他人に過剰な賞賛を求める」「他人を徹底的に見下す」など、周囲から見て尊大な態度を特徴とする人格障害です。その尊大な態度があまりに印象的なためか、境界性人格障害とともに最もよく知られた人格障害の一つです。

精神分析(特に自己心理学)の理論では、自己愛性人格障害の方も回避性人格障害の方と同じように極度の自意識過剰から対人恐怖症的な恐怖に晒されていると推測されています。しかしその対人恐怖症的な恐怖が理想化や否認などの防衛機制によって意識からほぼ完全に排除されるのが自己愛性人格障害の特徴と考えられます。

同じような対人恐怖症的な恐怖に晒されても、その恐怖を回避性人格障害の方が対人関係を絶つことで回避するのに対して、自己愛性人格障害の方は理想化や否認などの防衛機制を使い、他人の反応や評価が過剰に意識される状態を「こんなに多くの人間が自分に注目するのは、きっと自分がとてつもなく優れた人間だからに違いない」との幻想(誇大妄想)を作り出すことで恐怖を賞賛という喜びに変えていると思われます。
このような対人恐怖症的な恐怖の回避の仕方の違いが、周囲の方にまるで違う性格のような印象を与えますが、どちらの人格障害でも本質的に感じる恐怖は同じと考えられます。

自己愛性人格障害も回避性人格障害も本質的な恐怖は同じ:

また自己愛性人格障害と回避性人格障害とは本質的にも似たような人格構造を持っており、二つの人格障害はコインの裏表のような関係にあると考えられます。
事実私自身も普段は回避性人格障害(抑うつ型の自己愛性人格障害)の傾向を自覚していますが、自己分析してみると自己愛性人格障害の方に通じる心理が表れてくることが多々あります。

自己愛障害から生じるシゾイド型人格障害:

シゾイド型人格障害は統合失調症型人格障害とも呼ばれ、統合失調症の陰性反応のような完全な心理的引き篭もり状態(心を完全に閉ざした状態)ほどではありませんが、それでも他人から見て感情がほとんど感じられず、また他人にはまったく興味がないような印象を与えることを特徴とする人格障害です。

シゾイド型人格障害が自己愛障害から生じるプロセスは、他の二つの人格障害とは少し異なります。
他の人格障害の方が(恐怖の回避の仕方が違うにせよ)他人からの視線や評価などに恐怖を感じるのに対して、シゾイド型人格障害の方は自己愛障害がもたらすもう一つの恐怖である、自分の生理的・心理的な状態がすべて他人に筒抜けになってしまう、言葉を変えれば自分の考えていること・感じていること・呼吸音などのすべてが相手に伝わってしまうかのような恐怖に苛まれているものと推測されます。

シゾイド型人格障害の冷淡な印象は恐怖の回避の結果:

そのためシゾイド型人格障害の方の、感情が麻痺しているかのような冷淡な印象は、感情が周囲に筒抜けになるのを防ぐための努力の結果と考えられ、したがってシゾイド型人格障害の方の冷淡な印象は冷たい性格を表すものではなく、それは感情を表現することへの恐怖の表れのように思えます。

要約いたしますと自己愛障害(自他の心理的境界の脆弱性)から生じる対人恐怖症的な恐怖のうち、自己愛性人格障害・回避性人格障害では「他人→自分」方向の恐怖がより強く感じられ、自己愛性人格障害はその恐怖を賞賛という偽りの喜びに変えることで、回避性人格障害は他人から距離を置くことで恐怖を回避します。
一方シゾイド型人格障害では自己愛障害から生じる対人恐怖症的な恐怖のうち「自分→他人」方向の恐怖がより感じられるため、その恐怖を回避するために極力感情表現を抑制する。

自己愛障害・対人恐怖症とそれぞれの人格障害との間には以上のような心理的プロセスが働いているものと考えられます。

回避性人格障害 原因・治療・診断ガイド本

自己愛性人格障害・自己愛障害の治療・心理学的分析本

シゾイド人格 心理学的分析本

対人恐怖症 治療・克服本リスト

人格障害の心理カウンセリング
心理カウンセリングのご案内 >>
夢分析のご案内 >>
自己分析のご案内 >>
インナーチャイルドの癒しのご案内 >>


対人恐怖症の自意識過剰を生む第三の恐怖心理:

これまで私自身の自己分析・自己治療の体験から、対人恐怖症の自意識過剰の心理は「他人の態度がすべて自分への反応」であると感じることと「自分が他人に多大な影響を及ぼす」との万能感から発生し、その幻想は自己愛障害(自他の心理的境界の脆弱性を特徴とする精神障害)から生じている、つまり対人恐怖症の根本的な原因は自己愛障害であると結論づけました。

しかしその後の考察で、対人恐怖症の根本的な原因が自己愛障害であるとの結論に変わりはありませんが、自意識過剰の心理が「相手の反応への恐怖」「過剰な万能感」に加えて、さらにもう一つの恐怖心理からも生じていることが分かりました。
そのきっかけもやはり私自身の女性恐怖症(これも対人恐怖症の一つ)の体験からでした。

女性に対する対人恐怖症でのすべてが他人に筒抜けになる恐怖体験:

あるときカフェでお茶をしていると隣に若い女性が座り、にわかに緊張や恐怖を感じ始めたのですが、その緊張や恐怖の内容は「自分の唾を飲み込む音やドリンクを飲む音、そして呼吸音までもが隣の女性に聞こえて変に思われるのではないか」というものでした。
この恐怖はもちろん自意識過剰的な心理から生じているわけですが、恐怖を感じる対象は女性の反応(被害妄想的な恐怖)でもあるのですが、それ以上に強くに感じられたのが自分から出る音が女性に知られてしまう恐怖でした。

この恐怖は過剰な万能感の表れとも言えますが、私が主観的に感じていた恐怖は自分のあらゆることが他人であるその女性に伝わってしまう、言葉を変えれば自分の生理的・心理的なあらゆることが他人に筒抜けになってしまい何も隠しておけない恐怖でした。

もし生理的な音・考え事・気持ちが他人にすべて筒抜けになってしまうとしたら…恐怖のあまり人と会うことなどできなくなり、心理的にも物理的にも引き篭もってしまうでしょう。
しかしそのときの私の心を支配していたのはそのような恐怖でした。

重症化するとシゾイド型人格障害・統合失調症に:

このような「生理的・心理的なあらゆることが他人に筒抜けになってしまい何も隠しておけない恐怖」はシゾイド型人格の人(俗にシゾイド人間)が共通して感じる恐怖とされ、R.D.レインによるシゾイド型人格の人の深層心理を現象学的に記述した名著『ひき裂かれた自己―分裂病と分裂病質の実存的研究』にも頻繁に出てきます。
またこの恐怖が高じて心理的・物理的な引き篭もり傾向が強まるとシゾイド型人格障害、さらに完全な心理的引き篭もり状態になると統合失調症(の陰性反応)と診断される可能性があります。

自己愛性人格?シゾイド型人格?

私は性格的には自己愛性人格だと自己分析していますが、自身の対人恐怖症的症状にシゾイド人格の人が抱える恐怖が隠されていたことを考えますと、私は自己愛性人格のみならずシゾイド型人格の傾向もかなりあるようです。
事実DSM-4の回避性人格障害(抑うつ型の自己愛性人格障害)とシゾイド型人格障害の診断基準のどちらにもそれなりに当てはまる所がありますし、『パーソナリティ障害の診断と治療』を読みますと自己愛性パーソナリティほどではないにせよ、シゾイド パーソナリティの章にも自分の性格との共通点を数多く見出すことができます。

このような自身の複数の人格傾向を考えますと、対人恐怖症の症状や自己愛障害(自他の心理的境界の脆弱性による障害)の観点から見た場合の各人格障害の心理や防衛機制に考えが及びました。
関連ブログ:自己愛障害・対人恐怖症の観点から見た回避性人格障害・自己愛性人格障害・シゾイド型人格障害-自己分析(作成中)

シゾイド人格 心理学的分析本

人格障害の心理カウンセリング
心理カウンセリングのご案内 >>
夢分析のご案内 >>
自己分析のご案内 >>
インナーチャイルドの癒しのご案内 >>

このページの上部へ

プロフィール

カウンセラー・夢分析家・写真家
プロフィール詳細


サイト内検索

最近のピクチャ