sickness_header.jpg


防衛機制 一覧


高所恐怖症・自殺の防衛機制の夢分析と認知行動療法による危機回避・治療-死の恐怖の否認と万能感 目次:

自由連想法による夢分析のテーマ
死の予感・焦り
自由連想法による夢分析からの洞察
焦りの心理で働く万能感・否認の防衛機制
高所恐怖症における死の恐怖の否認と万能感
高所恐怖症における死の恐怖の否認から生じる自殺衝動
自殺における死の恐怖の否認?
高所恐怖症による自殺の認知行動療法による危機回避の可能性

自由連想法による夢分析のテーマ:

死の予感・焦り

焦る悪夢@夢日記の夢分析(焦る悪夢への死の予感@夢分析)の際、いくら考えても日常生活の中で死を予感させるような深刻な出来事が思い浮かばなかったため、「死の予感」や「焦り」をテーマとして自由連想法による夢分析を試みました。

自由連想法による夢分析からの洞察:

焦りの心理で働く万能感・否認の防衛機制

自由連想法による夢分析を始めてすぐに、焦りを感じているときには物事を非常に楽観的に捉える傾向があり、その楽観視の心理の背後には万能感や否認の防衛機制が働いていることが理解できました。

たとえば「焦る悪夢@夢日記」の夢の中で私は、以前にその道を通って迷った経験があるにもかかわらず、時間がないので何が何でもその道を行かねばならないという焦りからか「今回は大丈夫だ」と根拠のない自信を覗かせ(万能感)、また夜に暗い山道に入ることの危険を一切考えないようにしています(否認)。

おそらくこのようなときの私は、焦る気持ちの苦痛から逃れることで頭がいっぱいで、冷静な判断力を完全に失っているのでしょう。
なにしろ約束の時間を守るためとはいえ、命の危険を顧みないのですから…



高所恐怖症における死の恐怖の否認と万能感

上述の夢での向こう見ずな心理状態の理解からさらに自由連想法による夢分析を進めていきますと、今度は過去に体験した高所恐怖症の出来事が想起されました。

一つめの記憶は写真教室で行った高尾山での出来事です。写真を撮りながら山道を登った後、簡単なミーティングをして解散、後はリフトで降りるだけでした。
しかしそこで悲劇は起こりました。リフトに乗ろうとした瞬間、急に高所恐怖症の症状に襲われたのです(@_@;)

正直高い所が全然平気というわけではありませんでしたが、子供の頃からスキー場のリフトには乗り慣れていましたので、まさかそれよりも低い高さ(2~3m)を移動するリフトで高所恐怖症になるとは夢にも思いませんでした。
そのため突然の恐怖に狼狽して完全にパニックになってしまいました(@_@;)

そのときの私の頭にあったのは恐怖から逃れるために「一刻も早く飛び降りなければならない」ということだけでした。しかしいざ飛び降りようとすると、やはり恐くて足がすくんでしまいます。
また自己愛の強い性格(抑うつ型自己愛性人格ないし回避性人格)ゆえか、みっともない真似はしたくないという恥ずかしさも相当感じていました。

すると今度は次のような考えが頭に浮かんできました。
「大丈夫だ、これくらいの高さなら大した怪我もしない。勇気を振り絞って飛び降りさえしたら、あとは何とかなる。恐いのは一瞬だけだ。すぐに楽になる。」
こうして私は勇気を振り絞って?飛び降りました(@_@;)

幸い怪我はありませんでしたが、後から思えば2~3mの高さとはいえ足場の悪い斜面に重い三脚を背負ったまま飛び降りたのですから相当危険な行為で、よく飛び降りることができたものだと思います。

高所恐怖症でパニックになった際に生じていた私の思考(自動思考?)には、上述の夢と同様に(死の恐怖は大げさかもしれませんが)恐怖心の否認万能感とが見て取れ、その常軌を逸した思考が私を向こう見ずな行動へと駆り立てたのでした。



高所恐怖症における死の恐怖の否認から生じる自殺衝動

もう一つ連想された高所恐怖症体験は、ビルの9階の窓から不意に地面を見下ろした際に生じたもので、こちらの体験は一歩間違えれば死んでいたかもしれないような出来事でした。

そのときはパソコンのメンテナンスの仕事で客先で作業をしていたのですが、蒸し暑かったため窓の開けて作業をしていました。
上司が別の現場に呼び出されて一人になったときです。何気なく下を見下ろすと当然ながら恐さを感じたのですが、恐さを感じただけではなく、そのまま窓の外へ引き込まれそうな感覚に襲われたため、その場に釘付けになり動けなくなってしまいました。

そのとき別の自分?の声が囁きました。
「ここから飛び降りたら楽になれる」
つまり「飛び降りて死んでしまえば高所恐怖症の恐さから逃れられて楽になれる」という理屈です。
その悪魔の囁き?につられるようにして「そうだ勇気を振り絞って飛び降りねば。痛いのは地面に激突した一瞬だけだ。あとはすぐに楽になれる。」
そう何度も自分に言い聞かせて飛び降りようとしました。

しかし最終的には飛び降りることができませんでした。なぜなら9階程度の高さから飛び降りても即死するとは限らないように思え、もし即死でなかったらその後も痛み、それも激痛に苛まれることになります。
私は一度交通事故の経験がありますが、事故の際の痛みだけでなく、筋肉の緊張による筋肉痛のため事故の晩は一睡もできませんでいた。
その辛さを身をもって体験していたため、結果的にその痛みを思い出すことで、痛みへの恐さから後ずさりして飛び降り自殺を思い留まることができました。

もし過去に交通事故でリアルな痛みを体験していなかったとしたら…深く考えもせずに飛び降りて本当に自殺してしまっていたかもしれません。
それほどあのときの私の心理状態は追い詰められていました(@_@;)

ここでも先の夢やリフトに乗った際の高所恐怖症のときと同様に、とにかくその場の苦痛から逃れるために死への恐怖が否認されています。



自殺における死の恐怖の否認?

上述のビルの窓から下を見下ろした際に生じた高所恐怖症が、一歩間違えれば飛び降り自殺にまで伸展していたかもしれないことを考えますと、死の恐怖を否認する防衛機制の働きが自殺と密接に関連している可能性が考えられます。

これはあくまで今回の夢分析から得られた自己洞察からの考察に過ぎませんが、絶望感が自殺を引き起こす大きな原因だとしても、おそらく誰もが感じるであろう死への恐怖心が否認されない限りは、最後の一線を越えて自殺を実行することはできないように思えます。
あくまで私見ですが。



高所恐怖症による自殺の認知行動療法による危機回避の可能性

最後にもし仮に今回の夢分析で現れた、高所恐怖症での死への恐怖心を否認するような思考パターン(自動思考?)が、自殺の実行や自殺衝動を引き起こす原因の一つだと致しますと、高所恐怖症の症状と共に生じるそのネガティブな思考バターンを自殺が促されることのないような、より安全な思考パターンに変えていくことが危機回避に役立つのではないかと考えられます。

もっとも高所恐怖症の発症時に自らのネガティブかつ危険な自動思考に気づき、それを修正するような精神的余裕はおそらくないと思われます。
したがって危機回避のためには、日頃から認知行動療法などの心理療法を用いて自らの破壊的な自動思考を修正していくことが現実的な対処方法ではないかと考えられます。

また認知行動療法は、認知療法だけでなく行動療法の部分をしっかりと行いさえすれば、高所恐怖症をはじめとした他の恐怖症やその他の不安障害・気分障害(特にうつ病)に高い治療効果を持つ心理療法であることが知られています。

高所恐怖症ほかの恐怖症 症状・原因・克服・治療ガイド本

心理カウンセリングのご案内 >>
夢分析のご案内 >>
自己分析のご案内 >>
インナーチャイルドの癒しのご案内 >>


知性化の防衛機制による精神的苦痛を伴う出来事のエピソード記憶化 目次:

自己分析のきっかけとなった本の文章
心理カウンセラーになった経緯に思いを馳せる…
精神的苦痛を伴う出来事の知性化の防衛機制による?エピソード記憶化
知性化の防衛機制が働くからこそ辛い出来事を思い出しても平気でいられる

自己分析のきっかけとなった本の文章:

物語りとしての心理療法-ナラティブセラピーの魅力』という本を読んでいるとき、次のような内容の文章を目にしました。 「それまで苦痛に感じていた出来事が、実は人生のより大きな展開の中で(ときとしてむしろ必要なものとして)起きたエピソードであるとの見方ができるようになると、新たな人生の意味や目的が感じられるようになる」(序文 一部改変)

心理カウンセラーになった経緯に思いを馳せる…

このナラティブセラピーの本の文章から、これまでの自分の人生を思い起こしていました。 たとえば「もし嘔吐恐怖症対人恐怖症をはじめとした様々な神経症的な精神疾患を患わなければ、たぶん心理カウンセラーになってはいなかっただろう」などと…

※おそらく大多数の心理カウンセラーの方も、精神疾患とまでは行かないまでも一度は精神的な危機を経験され、その経験が少なからず心理カウンセラーという職業の選択に影響を与えているものと思われます。
また『パーソナリティ障害の診断と治療』では他の精神分析家の言葉を引用する形で「これまでの人生で精神的な危機を一度も経験したことのない心理カウンセラーは、そのことが重大なハンディキャップになるであろう」として、精神的苦痛を伴う体験が心理カウンセラーという職業にとってはむしろ有益でさえあることが強調されています。
同様の主張として精神分析家のアリス・ミラーは『才能ある子のドラマ』の中で心理カウンセラーを志す人の大多数はアダルトチルドレン*の傾向があると述べています。

*元々はアルコール依存症の両親に育てられた人々のことを指していましたが、今日ではアルコール依存症の有無に関わらず自己愛的な両親に育てられたことが原因で、自らも自己愛の障害に悩まされることになったと考えられる人々の総称として使われることが多くなってきています。



精神的苦痛を伴う出来事の知性化の防衛機制による?エピソード記憶化:

過去の辛い出来事もそれが結果的には心理カウンセラーの仕事を選ぶきっかけとなったという点では確かに意義があったとも思います。
と同時に、そのナラティブセラピー的な意義とはまったく別のあることに気づきました。それは精神的苦痛を伴う出来事の思い出し方についてです。

そのとき思い出された過去の精神的苦痛を伴う出来事のどれもが、すべて「そういう辛い出来事があった」という出来事としての記憶(エピソード記憶)であり、そこからは当時感じていたはずの精神的苦痛をはじめとした感情的な側面がすべて抜け落ちていました。
もっといえば、意識的に当時感じた精神的苦痛を再体験しようとしても、実感することができません。

おそらくこれは知性化と呼ばれる、感情が抑圧される防衛機制が働いているためと考えられます。



知性化の防衛機制が働くからこそ辛い出来事を思い出しても平気でいられる:

もっとも考えてみれば、もし辛い出来事を思い出すたびに当時の精神的苦痛がリアルに再体験されたのでは、とても耐えられそうにありません。
したがって知性化の防衛機制が働いてくれるからこそ、当時は辛かった出来事を思い出しても平気でいられるとも言えます。

知性化ほか防衛機制 解説本

自由連想法による自己分析のご案内 >>
心理カウンセリングのご案内 >>
夢分析のご案内 >>

続きを読む


逆転移:

以前のクライエントさんとの心理カウンセリングでの出来事です。クライエントさんを待つ間不安や緊張が収まらないため、目を閉じてそのクライエントさんとの心理カウンセリングの様子をイメージ*したところ…何とクライエントさんの顔を思い浮かべることができません(@_@;)
さらに代わりに思い浮かべたのが以前に上の階に住んでいた住人の方の顔だったことに愕然としました。見事な逆転移です(@_@;)

*スポーツ選手がよく行うイメージトレーニングのようなものです。

投影の防衛機制による逆転移:

実際にクライエントさんにお会いしますと、たしかにその方の面影がありました。つまり住人の方のことをクライエントさんに投影して(重ね合わせて)いたのです…
しかしいくら似ているとはいえ、毎回1時間以上も面と向かって話をしている方の顔を思い出せないとは、心理カウンセラーとして恥ずかしい限りです(T_T)

なお逆転移は今回のケースが初めてではありません。ただしこれまでの逆転移はどちらかといえば自己愛(ナルシシズム)が原因で不用意に直面化*してしまうことなどが中心でしたが、今回のように投影の防衛機制を伴った逆転移は初めての体験でした…

*クライエントさんの考えよりも自分の解釈の方が正しい(=自己愛的な錯覚)と確信し、その結果「早くクライエントさんに真実に気づいて欲しい」と思い行ってしまう介入。

投影ほか防衛機制 心理学的解説本

心理カウンセリングのご案内 >>
夢診断・夢分析のご案内 >>

このページの上部へ

プロフィール

カウンセラー・夢分析家・写真家
プロフィール詳細


サイト内検索

最近のピクチャ