sickness_header.jpg


失禁恐怖症 一覧


これまで「失禁恐怖症」「失禁恐怖症の自己分析」のカテゴリの各ブログで、電車に乗っている時に急に猛烈な尿意に襲われる症状について書いて来ましたが、昨日10年振りにこれと同じ症状を経験しました。

昨日の失禁恐怖症の経緯

昨日の失禁恐怖症の経緯は以下のようなものでした。

失禁恐怖症の症状に煩わされなくなってからも、電車に乗る前に用を足すことは半ば習慣になっていました。
しかし今年に入ってからその習慣を止めてみても、特に失禁の不安が過ぎることもなかったため気にせずに過ごしていました。
このため昨日もそうして事前に用を足さずに電車に乗ろうとしていました。

ところが昨日は土曜日のため本数が少なくホームで少し待たされ、さらに乗車してからも時間調整でしばらく停車していました。
その時不意に膀胱に意識が向くと同時に、失禁恐怖症で苦しんでいた時のことが思い出されましたが、ここで降りると整体の予約時間に間に合わなくなりそうだったため、不安を感じつつもそのまま乗車することにしました。

すると電車が発車した途端に、かつて味わったような猛烈な尿意に襲われたのです。
しかしもちろんトイレには行けませんので、この時とっさに思いついたマインドフルネスを試してみたところ、何とか不安が収まり始めました。

ただ意外だったのは、時間があっという間に過ぎたように感じられたことです。
失禁恐怖症で苦しんでいた頃は、地下鉄の1駅の区間だけでも非常に長く感じられました。
しかし昨日のマインドフルネスを試した時は、その1区間があっという間だったため、かつてなら到着した駅で急いで降りて用を足していたのを、今回は「これなら大丈夫そうだ」と安心したのか、そのまま降りずに目的地まで乗ることができました。

以上が昨日の失禁恐怖症の経緯ですが、既述のように今回はマインドフルネスが役立ったようですが、それについては近日中に心理カウンセリングのウェブサイトの方に、その他の洞察と共に掲載する予定です。

追伸)自己分析のブログに、失禁恐怖症に関する新たな洞察を掲載しました。
失禁恐怖症の症状に関する新たな洞察~強い情動と共に膀胱の感覚が麻痺して膀胱をコントロールできなくなる不安


認知療法の「同じ悩みを持つ人へのアドバイス」のワークを行った結果、私の不安障害(失禁恐怖症・社会不安障害)の症状(失禁不安)へのベストな対処は紙オムツをすることかもしれないと思えました。

同じ悩みを持つ人へのアドバイス-不安障害(失禁恐怖症・社会不安障害)の認知療法による治療 目次:

同じ悩みを持つ人へのアドバイスのワークによる不安障害(失禁恐怖症・社会不安障害)の自己治療
自分と同じ失禁恐怖症・社会不安障害の悩みを持つ人へのアドバイス
紙オムツへの抵抗
失禁恐怖症・社会不安障害の不安症状への正しい対処とは?

同じ悩みを持つ人へのアドバイスのワークによる不安障害(失禁恐怖症・社会不安障害)の自己治療:

最悪の事態への対処-不安障害(経済的不安)の認知療法による治療に引き続き「不安な心の癒し方-あなたの悩みを解消する7つの認知療法*」に掲載されている「同じ悩みを持つ人へのアドバイス」のワークによる不安障害(失禁恐怖症・社会不安障害)の自己治療を行いました。

*関連不安障害・認知療法ブログ:
不安な心の癒し方-全般性不安障害・不安障害の認知療法



自分と同じ失禁恐怖症・社会不安障害の悩みを持つ人へのアドバイス:

もし自分と同じ失禁恐怖症・社会不安障害の悩み(人前で失禁してしまうかもしれないことへの強い不安)を持つ人がいたとしたら、その人に対してどんなアドバイスをするだろう?

思い浮かんだアドバイスは「紙オムツをしてみたら」でした。
そしてこのアドバイスはすでに私自身が実践していることでもありました。

失禁恐怖症・社会不安障害の対処法関連ブログ:
紙オムツで失禁恐怖症克服

ただし紙オムツをするのは心理カウンセリング夢診断・夢分析の仕事のときや、心理療法のセミナーに参加したり美容室に行くときなど、一言断る必要があるためトイレに行きづらいときに限ってのことでした。



紙オムツへの抵抗:

確かに紙オムツをすれば万が一失禁してしまっても尿が漏れ出す心配はありません。また傍目には紙オムツをしていることは分からないため恥ずかしい思いをすることもありません。
そのため毎日紙オムツをして生活すれば、私の失禁恐怖症・社会不安障害の不安症状はかなり解消するはずです。

しかし紙オムツをして生活すれば、失禁恐怖症・社会不安障害の不安症状がかなり解消することが分かっていても、毎日つけることには抵抗があります。
「そうなったら人生(人間)終わりだ、落ちるところまで落ちた」というような敗北感を感じるためです。

それに紙オムツをしていても、まったく失禁不安を感じなくなるわけではありません。
たとえ紙オムツをしていても失禁してしまうことに対しては屈辱を感じずには置けません。そのため紙オムツをしていても、それなりの失禁不安を感じ続けることになるのです。

これまで幾度となく毎日紙オムツをつければ失禁恐怖症・社会不安障害の不安症状から解放されて楽になれると思いつつ、その度に敗北感による抵抗から断念しています。



失禁恐怖症・社会不安障害の不安症状への正しい対処とは?

はたして私の失禁恐怖症・社会不安障害の不安症状への正しい対処とは紙オムツをして生活することなのでしょうか?
それとも今こうして行っているような、認知療法などの心理療法による不安症状の克服なのでしょうか?

私の場合これまで人前で失禁してしまいそうな恐怖体験を何度も経験*しているため、失禁恐怖症・社会不安障害の不安症状は単なる認知の歪みによるものとは言いがたく、そのため認知療法による治療には限界があるように思えます。
(そのため行動療法を併用しています)

*失禁恐怖症・社会不安障害治療関連ブログ:
PTSD様のフラッシュバックに…失禁恐怖症のトラウマ体験

そして今回の認知療法の「同じ悩みを持つ人へのアドバイス」のワークで思い浮かんだアドバイスが「紙オムツをする」だったことは、もしかしたら毎日紙オムツをして生活することが失禁恐怖症・社会不安障害の不安症状へのベストな対処なのかもしれません。

しかしそうすることにどうしても敗北感や屈辱感を感じざるを得ないため決心がつかず、そのため今もこうして認知療法などによる自己治療を続けているのです…

不安な心の癒し方-あなたの悩みを解消する7つの認知療法@通販
不安障害の治療に特化した認知療法の本です。
不安障害の認知療法による治療の仕方だけでなく、不安を生み出す原因となっている不安障害(特に全般性不安障害)の人に特有の思考パターンについても詳しく解説されています。

社会不安障害ほか、不安障害の認知療法による治療 解説本

心理カウンセリングのご案内 >>
アダルトチルドレンからの回復の心理カウンセリング
夢分析のご案内 >>
自己分析のご案内 >>
インナーチャイルドの癒しのご案内 >>
傾聴講座
傾聴講座(電話)

続きを読む


認知療法の「予期不安の客観視」のワークを行った結果、私の不安障害(失禁恐怖症・社会不安障害)に関する予期不安は非現実的な不安であることが自己分析できました。

予期不安の客観視-不安障害(失禁恐怖症・社会不安障害)の認知療法による治療 目次:

予期不安の当たる確率の検証・自己分析
予期不安とは
不安障害(失禁恐怖症・社会不安障害)の予期不安の現実的な確率
予期不安の客観視のワークの結果
・非現実的な予期不安
予期不安の客観視のワークにより予期不安がさらに軽減

予期不安の当たる確率の検証・自己分析:

予期不安の当たる確率の検証-不安障害(失禁恐怖症・社会不安障害)の認知療法による治療に引き続き「不安な心の癒し方-あなたの悩みを解消する7つの認知療法*」に掲載されている「予期不安の客観視」のワークによる不安障害(失禁恐怖症・社会不安障害)の自己治療を行いました。

*関連不安障害・認知療法ブログ:
不安な心の癒し方-全般性不安障害・不安障害の認知療法



予期不安とは:

予期不安とは不安を感じるような状況に直面していないときにでも「もしそのような不安な状況になったら大変なことになる」などと想像して不安になる不安障害の症状です。
予期不安は不安な状況を想像することによって生じるため、いつでも生じる可能性があり、そのため予期不安が強いと常に何らかの不安を感じるという慢性的な不安に悩まされることになります。

※狭義の意味の予期不安はパニック障害の症状(パニック発作)に対する予期的不安のみを指すようです。



不安障害(失禁恐怖症・社会不安障害)の予期不安の現実的な確率:

不安障害(失禁恐怖症・社会不安障害)の予期不安をを客観視するために、失禁恐怖症・社会不安障害の予期不安の現実的な確率を想定してみました。

すぐにトイレに行けない状況になるとパニックになる 0.1%以下
パニックになり失禁してしまう 10%以下



予期不安の客観視のワークの結果:

非現実的な予期不安

認知療法の「予期不安の客観視」のワークを行った結果、いずれの予期不安も現実のものとなる可能性は(不安に駆られているときは限りなく100%に近く感じられるのですが)限りなくゼロに近い、つまり非現実的な不安であることが自己分析できました。

まず、すぐにトイレに行けない状況というのは毎日何度も遭遇していますが、その状況でパニックになったことはこれまで10回あるかないかです。
ですからパニックになるという予期不安が実現する確率は限りなくゼロに近いということになります。

また失禁不安からパニックになっても実際に失禁してしまったことは一度もありませんので、こちらの予期不安が実現する確率も10%以下ということになります。

ですから「すぐにトイレに行けない状況に陥るとパニックを起こし失禁してしまう」という私の失禁恐怖症・社会不安障害に関する予期不安は数万分の一かそれ以下の確率でしか起こり得ないことに対する非現実的な不安ということになります。

こんなに低い確率の出来事が今にも起きるに違いないと毎日予期不安に駆られているのですね、やれやれ…



予期不安の客観視のワークにより予期不安がさらに軽減:

最悪の事態が起こる証拠を挙げる-不安障害(失禁恐怖症・社会不安障害)の治療での自己治療では「失禁恐怖からパニックになっても最悪の事態に陥らない、だからパニックになっても大丈夫」との自己洞察を得ましたが、今回の予期不安の客観視のワークで、そのパニックさえほとんど起こらないことが洞察されました。
その結果、人前での失禁への予期不安がさらに軽減し、たとえ予期不安を感じても(パニックになる可能性がほとんどないことが分かったため)その不安に耐えられるようになりました。

不安な心の癒し方-あなたの悩みを解消する7つの認知療法@通販
不安障害の治療に特化した認知療法の本です。
不安障害の認知療法による治療の仕方だけでなく、不安を生み出す原因となっている不安障害(特に全般性不安障害)の人に特有の思考パターンについても詳しく解説されています。

予期不安の解消・克服・治療・症状・対処 解説本

不安障害の認知療法による治療 解説本

心理カウンセリングのご案内 >>
アダルトチルドレンからの回復の心理カウンセリング
夢分析のご案内 >>
自己分析のご案内 >>
インナーチャイルドの癒しのご案内 >>
傾聴講座
傾聴講座(電話)

続きを読む

このページの上部へ

プロフィール

カウンセラー・夢分析家・写真家
プロフィール詳細


サイト内検索

最近のピクチャ