sickness_header.jpg


心の体調ブログ 一覧


このブログ「心理カウンセラーのメンタルヘルス日記」かなり久しぶりの更新です。
ということは、ここしばらくはブログに書かくほどメンタルの状態が深刻な状態にはならなかったことを意味します。
と同時に今こうしてブログを書いているということは、久しぶりにメンタルに不調を来しているということでもあります。

寝床で死のうとする空想が止まらなくなる

メンタル不全の最初の兆候は、3日前の朝に生じました。
目が覚めてもまだ眠いので、そのまま寝床でウトウトとしていると、夢なのか空想なのかハッキリとしませんが、自分が死のうとするイメージを繰り返し見ました。
そんなイメージは見たくもないのに、繰り返し見てしまうのです。

そのため、いずれ空想するだけでは済まなくなり、本当に死んでしまう(自殺してしまう)と不安になりました。

しかし、やがていつの間にかまた眠ってしまったため、私の不安は杞憂に終わりました。

写真のコンペで落選したことが影響している可能性

またこの時は、自分がなぜ死にたくなるのか、さっぱり分かりませんでした。
死にたくなるほど辛いことなど、何もないように思えたためです。

ところがその翌日、自殺の空想が止まらなくなった前日に写真のコンペの審査結果が発表となり、残念ながら落選したことを思い出しました。

しかしそれで死にたくなるというのは腑に落ちません。
なぜならコンペの落選は今回が初めてではなく、むしろ落ちた回数の方が遥かに多いためです。

ですが他には思い当たりませんので、恐らくこのことが一番の原因なのではないかと考えられます。

自己コントロール力の低下

また繰り返し自殺するイメージを見たことで、そのうち本当にそうしてしまうのではないかと不安になるのは、自己コントロール力が低下している証と考えられます。
なぜならこの不安は自分の身に起こる好ましくないことを自分で止めることができない、つまり自己制御できないことへの不安を表しているためです。

うつ状態であった可能性も

なおこの数日後に、考えが次々と浮かんで来てまとめられないなど躁状態の傾向が生じましたので、恐らくこの時はその対極のうつ状態であった可能性も考えられます。

ちなみに私の場合、うつ病の方によく生じる自殺念慮は滅多になく、死にたくもないのに衝動的に死んでしまう不安を感じることの方が遥かに多いです。

追伸)その後、別の原因が思い浮かびました。
近々、自己分析のブログの方に投稿に、こちらからもリンク致します。


カウンセラーも人間ですので、様々な理由から心の健康を損ないます。
心の問題のプロなのだから精神的にタフで、そうしたメンタルヘルスの問題とは無縁ということは全然ありません。

久し振りに抑うつ状態と言えるほどの状態を経験

私自身も数週間前から、うつ病などの気分障害の診断基準を満たすほどではありませんが抑うつ状態が続いていて、その状態からなかなか回復せず、写真の個展が終わってから特に酷くなってなって来ました。
具体的には様々な身体感覚や感情の鈍感さに悩まされています。

ここでの身体感覚の異常とは体温・空腹感・眠気などが含まれますので、うつ病の症状としてよく知られた食欲不振や不眠も伴います。
また感情も乏しいため、これまでほどには物事を楽しめず、またユングも述べているように感情は判断の重要な拠り所ですので思考能力にも支障を及ぼすことになります。

恐らく多忙と心配事が抑うつ状態の原因

抑うつ状態の理由として思い当たるのは、個展の時期にいつも以上にカウンセリングの仕事が忙しく、また対応に苦慮するクライエントさんが少なくなかったことに加えて、9月に諸事情から自分で初めて企画する写真展の準備を並行して進めていること、さらには今年から入学した京都造形芸術大学の通信の写真コースのレポート課題に昨日まで追われていたことなどが考えられます。

こうして書き出してみると、かなり多忙ですね(笑)
仕事の忙しさと大学のレポートはひと段落したのですが、企画展の参加者がまだ確定していませんので、その心配事が解決するまでは、しばらくこの調子が続くかも知れません。

あと意外と大きな要因として、天候を挙げることができると思います。
雨続きですとそれだけで気分が落ち込みがちですが、私の場合ふだん自転車で移動するため、それができないストレスも加わることになりますので、これも無視できない要因です。

追伸)さらに翌日、今年から参加するアートトレイスギャラリーという自主ギャラリーの当番を控えています。
一応ひと通りの説明は受けましたが、それでも初めての経験ゆえ不安は隠せません。
こうして整理してみますと初めてのことへの不安がことのほか大きく、そのストレスが抑うつ状態の大きな要因に思えてきました。


物騒なタイトルです。そしてメンタルヘルスのブログに投稿するほどのものでないかもしれませんが、精神状態によろしくない体験だったことは確かです。

先日、電車の乗って明日から始まるACTアート大賞展2015写真部門の応募作品を、銀座のプロラボまで取りに行った時のことです。
いつも電車に乗るのは雨の時が多いため、カメラバッグは持たず最小限の機材を月光荘のトートバッグに入れて持ち歩いているのですが、この日は天気も良く、いつものフル装備で出かけてしまったため、帰りの電車ではカメラバッグとパネル張りの写真作品とで両手が塞がってしまいました。
そしてさらに運悪く、満員電車に乗り合わせてしまいました...

するといつもは車内で本を読んでいるため、そんな経験をしたことはなかったのですが、今日はギュウギュウ詰めの満員電車で人と密着してしまい、さらに荷物を持った手が、前に立っている女性の腰の下の方、つまりお尻の辺りに当たってしまいました。

これは拙い、痴漢にでも間違われたら大変だと、必死に手の位置をずらしたのですが、そうして何とか隙間を空けても満員電車ゆえ、すぐにその隙間が埋まって、また元の状態に戻ってしまいます(@_@;)

こうした状態を繰り返すと、かえって触っているかのような動作と勘違いされるのではないか?
いや、こうして動揺していることさえ、それでかえって不審者と思われるのではないか?
などという不安が頭の中を駆け巡りました(@_@;)

幸い、その不安が的中することはなかったのですが、ひとたび痴漢と間違われ告訴されると99%以上の確率で有罪となるため、やってもいない罪を認めて示談に応じてもらうしか、それを回避する道はないと聞きますので、今度から電車に乗る時の荷物には気を付けねばと誓った出来事でした..
片手だけでも手ぶらでしたら、荷物を持ちかえたり空いている方の手を上に挙げるなりして、いくらでも対処できたでしょうから。

このページの上部へ

プロフィール

カウンセラー・夢分析家・写真家
プロフィール詳細


サイト内検索

最近のピクチャ