sickness_header.jpg


ストレス 一覧


視覚(目の見え方)に違和感が...

今日あまりに体の調子が悪いので仕事前に整体に行って来ました。
症状は体中の緊張・目の疲れ(見え方にかなり違和感がある)・首の後ろや腰などの痛みです。

私の通っている整体はオステオパシーと呼ばれる施術方法ですので、体の歪みを矯正した後に(詳しいことは分かりませんが)頭部の調整が行われます。
その際に後頭部の視覚野の辺りがストレスでガチガチに緊張していると言われ、寝不足なのかと聞かれました。

しかし睡眠時間はたっぷりと取っていましたので思い当たるのは、数日前から急に始まった視覚(ものの見え方)の違和感です。
上手く説明できませんが、視界にあるものが迫って来るような感じで気持ち悪くなり、さらに両側からこめかみの辺りを締め付けられるような圧迫感も感じます。

ストレスが原因で視覚異常をきたすことがあるらしい...

それで少し前に眼科で検査をしてもらったのですが、意外なことに特に異状なしで視力もメガネを作った時と変わっていませんでした。
そのことを先生に伝えると、ストレスが原因で視覚に異常をきたすことがあるそうです。

これは恐らく感覚器に異常がなくても、脳の視覚野がストレスの影響を受けるためではないかと考えられます。

そういえば2日前にベルクで夕方食事をした際に、とても混んでいたためか、喧騒に耐えられず目眩がして気持ち悪くなったことがありましたし、その反対に家に帰ると視覚の異常はそれほど感じられません。

恐らく先週から始まった展示で(今思えばですが)けっこう無理をして在廊予定を組んだため、常に時間に追われ気の休まる暇もない日々を過ごしていました。
またその間に入ってくる仕事の予約で無断キャンセルが続いたこともストレスとなりました。

こうした精神的・身体的なストレスが積もり積もって、視覚異常という身体疾患を引き起こしたのだと思われます。

ですので今後は先週のように臨時で在廊予定を入れたりせず、できるだけゆったりとした時間を過ごすよう心掛けたいと思います。
今日も仕事前に見に行きたい展示があったのですが止めました。

追伸)ストレスが原因で身体疾患が生じるのは身体表現性障害(従来の心身症)と言えますが、私のような自己愛的な性格構造の人には、このようなストレスを原因とした検査をしても異常が見当たらない身体症状が生じやすいそうです。

予防法としてはストレスや身体感覚への気づきを高めることが有効と思われます。

続きを読む


私はカウンセリングの仕事*をしていますが、先週あたりから予約の電話がすべてカウンセリングが不可能と思われる方で、なおかつお断りしたくてもなかなか電話を切らせてもらえないことが続いています。

*心理カウンセリングの部屋HP

当然このようなことはストレスとなりメンタルにも悪影響を与えるからでしょうか、同じく先週から恐らく自律神経の乱れ(=自律神経失調症)が原因と思われますが、パソコンを使うと掌や脇などに汗をかくようになりました。
しかし不思議なことに汗をかくのはカフェなど外で作業をしている時に限ってです。

このことから私の症状は一種の対人恐怖症ではないかと思われます。
つまり毎日のように強い対人ストレスを受け、しかもそのことによって時間を奪われるばかりで一切収入にもならないことを繰り返すことで、いつしかハッキリとは自覚されない無意識のレベルで人に対する恐怖心を感じ始めているのではないかと思われます。

取りあえず今は、漢方の中ではうつ病の第一選択肢として使われ、不眠や不安などにも効果が期待できるとされている加味帰脾湯(かみきひとう)という漢方薬を飲んで様子を見ています。

加味帰脾湯@通販


経済的不安や結果の出ない作業を続けることの精神的ストレスから うつ状態(抑うつ状態)のようになってしまったため、将来への期待を胸に何とか うつ状態に対処しました。

経済的不安が原因で、うつ状態(抑うつ状態)に 目次:

経済的不安から、うつ状態(抑うつ状態)に…
心理カウンセリングや夢診断・夢分析以外の仕事が減少…
広告収入も思うように増えず…
結果の出ない作業を続けることの精神的ストレス(虚しさ)が引き起こした うつ状態(抑うつ状態)
期待を胸に うつ状態(抑うつ状態)に対処

経済的不安から、うつ状態(抑うつ状態)に…

肋間神経痛の痛みの症状の原因はストレス?のブログの最後に書きましたように、ストレスの原因を分析しようとしたところ、急に経済的な不安を感じるようになり、さらにその不安から気分が急激に落ち込みうつ状態(抑うつ状態)のようになってしまいました(@_@;)

うつ状態(抑うつ状態)とは何度体験しても嫌なものです(T_T)
私の場合は体、特に頭の辺りが何かに包まれて、その何かに押しつぶされそうな不安に駆られます。
そして、うつ状態(抑うつ状態)ですから当然ながら気分が憂うつになり、食欲もあまりなくなります。



心理カウンセリングや夢診断・夢分析以外の仕事が減少…

さて、うつ状態(抑うつ状態)を引き起こした経済的不安についてですが、このブログでも何度か触れましたが私は普段、心理カウンセリング夢診断・夢分析の仕事をしていますが、残念ながらその仕事だけでは生活していけず別の仕事やこのブログにも設置していますグーグルのAdSenseの広告収入で生計を立てていました。
しかし最近その別の仕事が減ってしまったため経済的な危機に見舞われたのです。


広告収入も思うように増えず…

そのため収入を増やすためにAdSenseからの広告収入を増やすべく、このブログをはじめとしたブログの更新頻度を上げました。
しかしいくらブログを更新し続けてもアクセス数は思ったようには増えず、その結果広告収入もほとんど増えませんでした…


結果の出ない作業を続けることの精神的ストレス(虚しさ)が引き起こした うつ状態(抑うつ状態)

そのような経済的不安を抱えているときにたまたま肋間神経痛のような痛みに襲われ、その原因が精神的ストレスと分かったことで不意に(それまであえて深く感じないようにしていた)経済的不安に直面したのでした。

さらにその不安と共に、残念ながら結果に結びついていない日々のブログの更新作業が急に虚しく感じられ、その虚しさから急に憂うつな気分に襲われ、結果うつ状態(抑うつ状態)に至ったのでした。

成果の出ないことを延々と繰り返すことの精神的ストレスの大きさと、そのことが引き起こすうつ状態(抑うつ状態)という代償の大きさを思い知らされた出来事でした。



期待を胸に うつ状態(抑うつ状態)に対処:

このままでは うつ状態(抑うつ状態)がどんどん悪化しかねません…
そこで、うつ状態(抑うつ状態)に対処すべく、状況のポジティブな面に注意を向けることにしました。
すると今後心理カウンセリングや夢診断・夢分析の仕事が増えそうなことが思い出されました。具体的にはオールアバウト・プロファイルというサイトに心理カウンセラーとして登録しているのですが、そのサービスがいよいよ4月からスタートします。
月間数千万アクセスのある人気サイトですから、それなりに心理カウンセリングや夢診断・夢分析の仕事が増えることが期待できそうです。

将来に少し期待が持てたことで、うつ状態(抑うつ状態)は回復に向かっていきました。

うつ状態(抑うつ状態)の診断・症状・治療ガイド本

心理カウンセリングのご案内 >>
夢分析のご案内 >>
自己分析のご案内 >>
インナーチャイルドの癒しのご案内 >>
傾聴講座
傾聴講座(電話)

このページの上部へ

プロフィール

カウンセラー・夢分析家・写真家
プロフィール詳細


サイト内検索

最近のピクチャ