sickness_header.jpg


体調が悪いと精神疾患の症状も出やすくなるみたいです…


よく体調が悪い時はまず最初に病気に罹りやすい部分に症状が出ると言いますが、私は慢性鼻炎ですので、やはり鼻づまりなどの症状が出ることが多いです。

ところがこの仮説は身体疾患だけでなく精神疾患にも当てはまるようです。
現在私は風邪をひき非常に体調が悪い状態ですが、今カフェで図書館のような大きな机に座っていて、目の前に向かい合って若い女性が座っていることで自律神経が乱れ手のひらの汗が止まりません。

これは自己分析のブログにいろいろと書いてますように、私が抑うつ型の自己愛的な性格で、このタイプの人が自意識過剰型の対人恐怖的な症状を抱えやすいことに起因していると思われます。
自意識過剰ゆえに自分が密かに注目されていると感じ(ここにナルシストの部分が見え隠れしています)、それで緊張してしまうのです。

若い頃はこの女性恐怖症とも言える症状にずいぶん苦しみましたが、カウンセリングの仕事をするようになってからは、精神的にタフになったのか同じような状況になっても滅多に自律神経が乱れることはなくなりました。

ですがこうして体調が悪化すると、性格タイプに起因する症状が出やすくなるようです。
ただそれでも以前に比べると症状の強さや精神的苦痛の度合いは同じではありませんので、耐えられないというほどのものではないです。

Twitterに連動させていますので、フォローしていただくと更新通知をTLでご覧いただけます。



コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

プロフィール

カウンセラー・夢分析家・写真家
プロフィール詳細


サイト内検索

最近のピクチャ

最近のコメント