sickness_header.jpg


フォーカシングによる うつ病症状・睡眠障害からの回復


うつ病症状・睡眠障害再発…からの続き

フォーカシングによる うつ病症状からの回復:

うつ病症状が出始めてから数日経ったある日。例によって夜中に中途覚醒しました。最初は何とか眠ろうと布団の中で辛抱していたのですが目が冴えてしまい眠れそうにありません。そこで本でも読むことにしました。
選んだ本は「フォーカシング指向心理療法」というフォーカシングの創始者ジェンドリンの著書です。

数ページ読み進むだけで心が洗われて行くのが判りました☆
フォーカシング指向心理療法は私の心理カウンセリングのベースとなっている技法ですが、この本からは技法だけでなく著者ジェンドリンの人間的な温かみが随所に感じられ、読むだけでも生きるエネルギーが湧いてきます☆

こうして生きるエネルギーが回復するとともに、抑うつ症状が消失し中途覚醒することもなくなりました♪

残念ながら間もなく別の葛藤により再び うつ病症状に苦しめられることになるのですが、それでも一時的にせよ「フォーカシング指向心理療法」は うつ病症状の回復に役立ったことは間違いありません。

うつ病症状を契機にカウンセリングを見直す:

今回の うつ病症状は私にメリットももたらしました。それは心理カウンセリングに対する態度です。
(あくまで私から見て)人間味に欠けたロボットのような傾聴*の実習により心のバランスが崩れ、うつ病症状(抑うつ、中途覚醒などの睡眠障害)を発症したことで「誤った心理カウンセリングは時として『うつ病』などの精神疾患を引き起こしてしまう」こと、および「大切なのは技法(特定の心理療法)よりもむしろ心理カウンセラーの人間性(態度)」であることを身をもって体験しました。

*そのような「見せ掛けの共感」に過ぎない傾聴の仕方は、しばしばオウム返しと揶揄されます。

フォーカシング指向心理療法(上・下巻)/ユージン・T・ジェンドリン著
上巻は傾聴フォーカシングによる洞察を促す心理カウンセリングの仕方、下巻は認知行動療法ゲシュタルト療法などの心理療法をフォーカシングによって統合する試み(ジェンドリンはそれを「フォーカシング指向心理療法」と呼んでいます)が述べられています。

Twitterに連動させていますので、フォローしていただくと更新通知をTLでご覧いただけます。



Comments [2]

No.1

私はフォーカシングで神経症の克服をしました。
神経症の原因になっている大元の感情を解放することで、神経症の症状(対人恐怖、不潔恐怖、アルコール依存)が消滅した上、無意識だった生き辛い観念も消滅していきました。

合う合わないはあるかと思いますが、今まで認知療法、自由連想法、ヴィパッサナー瞑想などを試ししてみたけど効果を感じませんでした。

で、フォーカシングで絶大な効果を感じたので、まだまだ認知度が低い気がしますが、多くの人に知ってもらいたいと願っています。

No.2

匿名さん

「フォーカシングによる うつ病症状・睡眠障害からの回復」にコメントありがとうございました。

>私はフォーカシングで神経症の克服をしました。
神経症の原因になっている大元の感情を解放することで、神経症の症状(対人恐怖、不潔恐怖、アルコール依存)が消滅した上、無意識だった生き辛い観念も消滅していきました。

それは良かったですね。

>合う合わないはあるかと思いますが、今まで認知療法、自由連想法、ヴィパッサナー瞑想などを試ししてみたけど効果を感じませんでした。

おっしゃるとおり、どのような心理療法がその方に効果があるのかは実際に試して見なければ分かわらないでしょうね。
ですから私も心理カウンセリングでは特定の心理療法に囚われることがないようにと心がけています。

>で、フォーカシングで絶大な効果を感じたので、まだまだ認知度が低い気がしますが、多くの人に知ってもらいたいと願っています。

もしよろしければ匿名さんがフォーカシングの認知度を高めるために活動されてはいかがでしょうか?
フォーカシングの効果を身をもって経験されている匿名さんのお話でしたらきっと強い説得力があるでしょうし、神経症の症状で苦しんでいらっしゃる方のお気持ちもよくお分かりになるのではないでしょうか。

今後とも「うつ病・人格障害・恐怖症・パニック障害…の治療ブログ」をよろしくお願い致します。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

プロフィール

カウンセラー・夢分析家・写真家
プロフィール詳細


サイト内検索

最近のピクチャ